あなた家族は大丈夫?
ブラック企業に泣き寝入りしないための
労働相談Q&A

                          ■著者 東京地評・東京労働相談センター 前澤 檀 
                          ■出版 学習の友社 東京都文京区湯島2−4−4
                                           TEL 03−5842−5641
                                            FAX 03−5642−5645
                            ■ 定価 本体1100円 + 税

 「働くルール」の違反は家族でも告発できる!仲間とともに解決出来る!
 東京都の労働行政と労働組合に関わった長年の活動で1万件以上の労働相談に接して来た著者が、その経験のなかから共通の課題をピックアップ。さらに、労働組合の権利と役割をコンパクトに解説。
 あなた自身、夫、妻、子、孫、友人を守る為に、問題別にページをめくり、疑問や解決方法のABCが直ぐに判る一冊。

 PART・T  トラブルは、法律でこう「解決できる
  第1章 賃金もんだい
  第2章 不当な解雇
  第3章 辞める・辞めてやる権利
  第4章 労働契約
  第5章 労働時間・休日・有給休暇
  第6章 ハラスメント
  第7章 母性保護・育児・介護の権利
  第8章 ケガした場合、病気になったときに
  第9章 派遣で働く人へのアドバイス
  第10章 退職後に働くー定年制の改定で代わる企業の継続雇用の責任
  第11章 法律違反を訴えるー本院も家族もでも出来ること

 PART・U しゃべり場 労働組合って 一人でも 入れる?

…………………………………………………………………………………………
豊富な事例で労働者の権利示す
 「有給休暇が認められない」「朝礼でつるし上げられた」―。働き始めると思わぬトラブルやなやみに直面する事があります。働く人を苦しめる”ブラック企業”も横行しています。本書は豊富な事例をもとに、法律が保障する労働者の権利を示した、お助けBOOKです。
 賃金や労働時間、ハラスメントなどの事例に答える「トラブルは法律で公解決できる」、労働組合二ついての「しゃべり場 労働組合って一人でも入れる?」「労働組合これまで・これから」の3パート構成です。著者は、東京都の労働行政や労働組合活動に長くかかわり、これまでに1万件を超す労働相談に耳を傾け、アドバイスしてきました。
 巻末に、労働組合・労働関係団体・全国の労働相談ホット来院なども掲載。
 働く人はもちろん、相談される機会の多い人や学生や生徒の学習教材としても活用できます。 (「赤旗」ゆうPrss欄 2014年10月20日より) 
……………………………………………………………………………………………
書籍紹介:中森俊久弁護士(あべの総合法律事務所) 
 (略)本書は、私でさえも最初から最後まで一気に読める大変工夫された書籍であり、
労働者の権利ないし労働組合の基本的な理解を深める事はもちろん、長年の経験から裏打ちされた実践を肌で感じる事ができる貴重な内容となっている。具体的な相談先もリスト化されて降り、一冊手元に置いておくことをお勧めする次第である。
(「民主法律時報」No509より抜粋)
……………………………………………………………………………………………