明治公園で35000人が集う

 「憲法改悪、庶民大増税は許さない!」を掲げた国民大集会が、11月19日の日曜日、全国から3万5千人の参加で、秋晴れの空のもと、明治公園で開催されました。大集会は、国民大運動実行委員会と憲法改悪反対共同センターが主催して行なわれました。

 正午から始まったシンガーソングライター・きたがわてつさんのライブなどの「文化行事」につづいて、午後一時から熊谷金道全労連議長(国民大運動実行委員会)と坂本修自由法曹団団長(憲法改悪反対共同センター)の主催者あいさつで本集会が開会されました。
熊谷氏は、「職場や地域で国民の目に見える運動を全国各地で展開する。改憲の狙いや政府・財界が進めようとしている大増税の内容をわかりやすく宣伝しながら、広範な人々との共同を追求し、大きな世論づくりにどれだけ奮闘するかが問われている」と強調しました。坂本氏は、「私たちの宝、世界の輝く宝となっている憲法を改憲勢力に奪われていいのか。きっぱりノーと言おう」と訴えました。

3コースに分かれてのデモ行進

 連帯あいさつは、日本共産党の志位和夫委員長、日本キリスト教協議会の山本敏正総幹事、消費税率引き上げをやめさせるネットワーク宮城の芳賀裕子代表世話人の三氏が行い、社民党福島瑞穂党首からのメッセージが紹介されました。
 つづいて、憲法九条を守ろうとの思いを込めたタペストリーを会員とともに手にもった新婦人東京都本部の上伸子会長、「九条は宝だと多くの高校生に伝える」と決意した高校生平和ゼミナールの中里美奈子さん、「危険な普天間基地の行く先はどこもない」と訴えた沖縄の内間均さんなど九組による代表がリレートークが行われました。集会後、三コースに分かれてデモ行進しました。

 春闘をしっかり闘いたい

植松冨美枝さん

 芝信用金庫従業員組合の植松冨美枝さんは「今職場は、正規職員を減らしパートに切り替え、残業代もまともに払われない状況です。また、九年間も新人を入れず、成果主義賃金で仕事は厳しくなるばかりです。今後、憲法改悪に反対し、春闘をしっかりたたかっていきたいです」と述べました。

とんでもない増税腹がたってしかたない

宮永桂介さん

 はりま中央民主商工会会長の宮永桂介さんは「いま建築産業は、仕事が減って生活のめどが立たない人が増えています」と言います。そして、政府の増税方針に対して「控除をつぎつぎ国民から奪い取り、あとは自助努力とほったらかす。
 とんでもない腹が立ってしかたがない」と強い不満をのべました。

アメリカ言いなりの憲法改悪は許さない

ノボリを持って参加の辻さん

 「いかそう憲法いまこそ九条世田谷の会」のノボリを手に参加した年金者組合世田谷支部の辻怜子さんは「私は学徒動員の経験があるんです。自民党が、九条の一項目だけ残せばいい、なんていっていますがとんでもありません。自衛隊を自衛軍としたら海外派兵するんでしょ。アメリカのいいなりになって国民を騙そうなんて許されません。かつての安保のようにがんばる決意です」と話します。