憲法・教育基本法改悪の動きが正念場を迎えているもと、代々木公園で5月1日に開催された第77回メーデー中央集会には約41000人が参加しました。
 中央集会実行委員会を代表してあいさつした全労連議長の熊谷氏は教育基本法改悪の閣議決定の暴挙を批判し、「政治の流れを大きく変え、希望に輝く未来『もうひとつの日本』を切り開くために、ともに奮闘しよう」と訴えました。集会後、参加者は3コースに別れてデモ行進しました。

 「憲法9条はアジアの国々にとっても命綱」と連帯あいさつするエッセイストの朴慶南さん

 次の世代に9条を伝えよう(明治公園コース・東京土建中野支部)

 アニメのキャラクター御輿で男女ともに働きやすい社会の実現をアピール

 オバQも「まもろう9条」(新宿コース・全法務東京支部)

 第77回三多摩メーデー
      7000人が参加


 元気いっぱい。青年の舞台

 タクシーの自由化をやめ、必要な規制を!とアピール(恵比寿コース・自交総連東京太陽自動車労組)