−−−教育基本法の改悪をはじめ、憲法改悪に道をひらく国民投票法、医療制度改悪、共謀罪などが、国会でヤマ場を迎えているもとで開催された「許すな憲法改悪! 守ろういのちとくらし 5・27国民大集会」には、全国から5万人を超える仲間が参加しました。−−

3コースに分かれてパレード(地評議長右端)
 悪天候の中、全国から参加した5万人をこえる仲間が代々木公園のサッカー場、小音楽堂、イベント広場を埋め尽くしました。

 午前中の第一部では、小音楽堂で「平和・子ども・未来」をテーマに全国の教職員や高校生らも参加した討論やミニ講演会などが行われたほか、メイン会場でも「憲法守ろう!1000人合唱」や民舞など文化行事が催されました。

 12時30分開会の第二部の大集会では、全労連熊谷議長が「歴史的なたたかいを通して国民の良識と平和への願いを集め、今国会での成立を阻止し、必ず廃案に追い込もう」と主催者を代表してあいさつしました。日本共産党の志位和夫委員長、YWCAの江尻美穂子理事長、インドネシア農民団体代表のヘンリー・サラギさん、映画「蟻の兵隊」の池谷薫監督の連帯あいさつにつづき、憲法署名過半数突破のとりくみ、教育基本法改悪阻止や行革とのたたかいなどが報告されました。

 集会の後、3コースでのパレードを行ないました。
全国からの思いが会場いっぱいに
 国会の中は、憲法、教育基本法を変え、格差拡大、物言えない社会を作ろうとする議員の方が多数です。しかし、彼らも世論をおそれています。

 私たちの運動次第で、国会の力関係も社会も変わります。平和や人間らしい生活をねがう世論を盛り上げ、国会を包囲しましょう。










イラストや「教え子を守るゾ」と書いた傘を差して参加の埼玉県教職員組合の島さん。
「今日は400〜500人を参加目標に、各職場でプラカードなどにも工夫して参加するように呼びかけました」とのこと。教育基本法の取り組みでは、「4コマ漫画を入れたティッシュで宣伝しています。教育基本法は憲法ほど知られていないけれど、漫画だとけっこう読んでもらえるのでいいです。かなり、知られるようになってきたので、もっと宣伝して、世論を広げていきたいです」とにこやかに話してくれました。ティッシュはまだ在庫があるとのことなので、活用してください。問い合わせ先は、048-824-2511(埼教組)。
「We love 9条」のおそろいのTシャツ姿で参加したのは、中小の様々な業種の個人加盟組合、全労連・全国一般の柴さんと石田さん。


 大企業中心の景気回復に対しても「中小はまだまだ。倒産件数も減ってない。これで医療改悪や消費税増税なんてとんでもない」とのこと。「今日の参加は70人くらい。全国一般の当面の課題は、憲法改悪反対と全国一律最賃制度の実現」「今日は雨ですけど、最後までがんばります」と力強い言葉を残して仲間の元へ。