第1波決起集会(日比谷野外音楽堂)
日本経団連前での抗議要請行動
様々なパフォーマンスで銀座パレード

なくせ貧困!仕事よこせ!
   守ろう雇用と暮らし!

 二月一三日、千代田区霞が関一帯は、「なくせ貧困!仕事よこせ!守ろう雇用とくらし」を掲げた労働者や中小業者、女性、青年、農民が終日行動しました。

 全労連や東京地評、新婦人など各層団体でつくる国民要求実現中央総行動実行委員会が主催したもので、日比谷野外音楽堂での二波にわたる決起集会のほか、早朝の街頭宣伝や省庁要請、銀座パレード、日本経団連要請行動、国会請願デモを行い、国民要求実現を大きくアピールしました。


 昼におこなわれた日比谷野外音楽堂での決起集会は三千人をこえる人たちで熱気いっぱい。主催者を代表して全労連大黒作治議長は、これ以上の派遣切りをやめさせるため、
 @現行の労働者派遣法を活用し、派遣先大企業に
  直接雇用の義務を果させる、
 A非正規労働者の組織化をすすめる、
の二つの角度から直接雇用申し入れの一大運動を起こそうと呼びかけました。そして、大企業に社会的責任を果させ、「内部留保を使って雇用を守れ」の世論を大きくし、不況打開と国民生活を守るため力をあわせようと訴えました。


 そして、各層から八人が登壇し、アピールしました。JMIUいすゞ自動車支部の三浦副委員長は、「非正規の雇い止めを止めるために頑張りたい」と決意表明しました。
 この日、のべ一万人が参加しました。







  第2波総決起集会
  −4500人が参加−

 「中小業者に仕事をよこせ」「消費税増税反対」一建設関係労働組合首都圏共闘会議と生活関連公共事業推進連絡会議は、午後2時から日比谷野外音楽堂で総決起集会を開催し4500人が参加しました。

非正規労働者のたたかい
をアピール
女性による宣伝(池袋駅東口)

 主催者を代表して濱崎和馬議長(東京土建副委員長)は、仕事がないと悩んでいた仲間が自殺したと建設不況の深刻さを告発し、大企業は内部留保を建設労働者の賃金に回すべきだと訴えました。そして女性組合員が替え歌「麻生内閣冬景色」で「アメリカ発の金融危機が起きた時から、政権維持はやぶの中」と無策の自公政府を批判しました。

 集会後、中小企業向け官公需を増やし公共事業の防災、生活関連分野への重点化を求め国会デモを行いました。



第2波決起集会(日比谷野外音楽堂)
宣伝行動