HOME活動組織#非正規緊急事態宣言 東京パ非連がツイッターデモ
組織
#非正規緊急事態宣言 東京パ非連がツイッターデモ
2021.07.09

 東京パート・非正規労働者連絡会(パ非連)は、5月1日~5月15日まで、ツイッターデモ「#非正規緊急事態宣言」に取り組みました。中心的に発信した東京地評アカウントは、15日間で20万件以上のインプレッション(ユーザーに表示された回数)を獲得しました。

 他にも多くのユーザーがハッシュタグ付きで自らの非正規労働体験談などを発信するなど、ツイッター上で相互交流する場にもなりました。

 ツイッター上で寄せられた非正規労働者の声を紹介します。

「#非正規緊急事態宣言」のハッシュタグ付きのツイート

➤(42歳・女性 飲食店勤務)就職氷河期で非正規の職しかなく、ずっと非正規で働いてきました。何とか生活できていたのに、シフトが減らされ生活できない状態です。
➤(40代インド人男性・コック歴10年)昨年からお客は激減。休業してと言われたが休業補償なし。友達の紹介で労働組合に相談。休業支援金を申請した。ほとんどのコックは休業補償のこと知らないと思う。
➤(10代・学生)今年、東京に上京して大学入学。親からは学費は出せるが生活費は自分で何とかしてと。週2回のバイト以外に土日祝にスポット派遣を掛け持ちして生活費を稼げなければ。コロナで大学生活も不自由。学費を半額にしてほしい。
➤(30代・舞台俳優)3度にわたる緊急事態宣言を受け、お客様と舞台をつくる関係者の命をまもるため、予定していた演目を中止や延期に。政府の要請に応えてきた。応援して下さる方のクラウドファンディングだけではなくもっと国の支援を。
➤(病院の清掃で働く非正規労働者)正規労働者と一緒に仕事をしています。正規と非正規での違いは同じ時間働いても賃金が異なるだけでコロナ感染のリスクは正規も非正規も同じです。エッセンシャルワーカーにもっと支援を。
➤(30代非常勤公務員)公務現場では非常勤職員の雇い止めが横行しています。一方民間では無期転換ルールが導入され、長く勤めることが出来ます。労働契約法で民間労働者に保障されている無期転換権が、非常勤公務員にはありません。公務現場でも同じように無期転換を求めます。

関連タグ:なし