HOME活動春闘・労働政策最低賃金の格差是正、大幅引き上げを 国会内で集会
春闘・労働政策
最低賃金の格差是正、大幅引き上げを 国会内で集会
2021.04.03

 国民春闘共闘委員会と東京春闘は3月25日、衆議院議員第2会館で最低賃金の格差是正、大幅引き上げをめざす「3.25院内集会&国会議員要請」を行ない、71人が参加しました。


 小畑雅子国民春闘代表幹事が主催者あいさつ。衆議院議員の務台俊介氏(自民)、末松義規氏(立民)など多数の国会議員から全国一律最賃制度と最賃額の引上げ、中小企業支援策拡充などの連帯あいさつがありました。


 学習会では専修大・山縣宏寿准教授が「最低賃金の引き上げと全国一律最低賃金制度」と題し講演。①過去10年、マクロレベルでは最低賃金は失業の増加に伴わず、むしろ減少している、②最低賃金はさらなる引き上げが必要な水準にあるなどと小括。紹介議員が106人なったことの報告があり、最後に白滝誠東京春闘共闘事務局長が閉会あいさつして、参加者は議員要請に向かいました。

関連タグ:なし