HOME活動春闘・労働政策均等待遇実現へ 出版労連 独自マンガチラシで宣伝
春闘・労働政策
均等待遇実現へ 出版労連 独自マンガチラシで宣伝
2021.04.01

 東京地評に加盟する労働組合・出版労連は、2021年春闘の取り組みとして、中小企業も適用となる均等待遇を実現するためマンガを用い独自チラシを作成、第二波の3月19日は、神保町交差点と本郷三丁目の交差点で昼休み宣伝行動とビラ配布を行いました。

 宣伝には、マンガを拡大したプラカードをA2サイズのパネルにして道行く人からの注目を集めました。

 第三波では、取次大手の日販王子流通センター前で早朝7時半から30名以上が集まり、均等待遇実現や労働組合への加入を呼びかけました。今までも個人加盟ユニオンでは、安全靴の支給や慶弔休暇、社会保険の加入、女性更衣室への鍵付きロッカーの設置などの要求を獲得。

 流通センターの夜勤明けの方やこれから勤務の方に「おはようございます」と声を掛けチラシ入りのティッシュを渡すと「ご苦労さま」とねぎらいの言葉があるなど和やかな雰囲気で一時間半の宣伝行動を行いました。第二波と三波で合計1000枚のチラシを配布しました。

関連タグ:なし