全労連全国一般労働組合東京地方本部
〒103−0024
東京都中央区日本橋小舟町10−5 ドウビル2階
TEL 03−3668−5542
FAX 03−3668−5544


 全労連・全国一般労働組合東京地方本部は、50年以上の歴史をもつ主に中小・零細企業に働く労働者で組織されている一人でも入れる労働組合で、職種もサービス産業から製造業まで様々な産業が加盟しています。
 今中小・零細企業は小泉構造改革路線による不良債権処理の名の下での貸し渋り・貸し剥がしなどで、倒産など経営は厳しい状況におかれています。私たち全国一般労働組合は、日本国内の事業所数の100パーセント近くを占める中小・零細企業を活性化させることが、真の景気回復に繋がり、ひいては危機的な今の政治や経済を打開することができると考えており、そのために経営者のみなさんとも経営安定のために話し合いながら運動を進めています。
 また、私たち全国一般労働組合は、こうした職場での運動と同時に今日の情勢を引き起こしている大元である「原因と背景に迫る闘い」として金融庁、経済産業省など各省庁への申入れ・交渉を進め、中小企業守れの運動を進めています。
 また、日本のものづくりの原点である農業や地域経済の活性化のために、農民や商店主等との交流も深め、「下町大行進」に代表されるような共同行動なども進めています。そしてその基盤にあるのが、「ナショナルミニマムの機軸としての全国全産業一律最低賃金制(全国一律最賃制)確立」の要求です。この要求は、パート・アルバイトなど低賃金に喘ぐ労働者だけでなく、農民、中小自営業者、年金者など、国民の大部分の経済的基盤を引き上げ、憲法25条を社会に活かすものです。その実現のために国民諸階層のみなさんと共同して運動を進めてきています。
墨田区労働組合総連合(墨田労連)

27労組7126名
電 話 03−3626−4180
FAX 03−3626−2044
URL homepage2.nifty.com/s-roren/
E-meil sumidaroren@nifty.com

 墨田区は人口22万人余りで、産業はニット、金属加工などいわゆる地場産業を形成しています。全国に知れわたっている「中小企業基本条例」や、労働者と業者などの共同が16年続いている「東部共同行動」の取り組みでも中心的役割を担っています。
 墨田労連は、1991年11月に発足後、全労連の地域組織として、雇用・暮らし・平和など地域の労働者と区民の生活向上、権利拡大などとりくんできました。区内の8団体による毎月1回の懇談会を6年続け、そこが中心に共同行動が広がっています。労働組合のない労働者の労働相談センターとして、労連ホームページ(職場の悩み相談センター・墨田労連)では、一人ぼっちの仲間からのメール相談も寄せられ、労働組合の裾野を広げる役割も果たしています。
 いま、東京東信金労組の都労委へ不当労働行為救済申立てのたたかいと地域経済を守るたたかいを地域労連としても全力で支援・激励しています。