板橋区労働組合連合会(板橋区労連)
〒174-0053
東京都板橋区清水町 70-10
TEL 03-3964-9351  FAX 03-3964-9352 
メール i-kuro@muse.ocn.ne.jp


 板橋区は東京の北部に属し、印刷、光学機器や金属などの地場産業が集中する典型的な労働者の町でした。最近では、会社・工場丸ごとの区外への移転や閉鎖などで地場産業がすたれ、産業の空洞化現象が強まっています。

 板橋区労連は1969年春闘で、区内のすべての労働者と労働組合へ春闘要求の実現をめざす立場から『板橋春闘共闘会議』への参加を呼びかけ、加盟組合の自主性の尊重と一致する要求での団結を柱にあらゆる傾向の労働組合の結集を訴え、今日までたたかいを進めてきました。
 板橋区労連は区内の民主勢力との共同を重視して、労働者だけでなく多くの市民や業者、青年、女性の皆さんと連帯して「営業とくらしを守る板橋大運動実行委員会」を立ち上げ、毎年春と秋の統一行動を積み重ね、行政や経営団体、職能団体などとの懇談や申し入れ活動などを展開し、毎回400〜500名を結集して取り組みを成功させてきました。 また、4年に一度の首長選挙や有事法制反対・自衛隊のイラク派兵阻止、憲法・教育基本法を守るたたかいにはその中心勢力として奮闘しています。

 結成52周年を迎えた今、地域労連としては、全国的にもまれな連合組織15000人を組織しています。私たちは、板橋区内の働く者のセンターとしての自覚を深め、今後も区民の生活と権利、平和と民主主義を守る闘いを進めます。

全国福祉保育労働組合東京地方本部(略称:福祉保育労東京地本)

〒111−0051 台東区蔵前4−6−8 サニープレイスビル2F
電話03−5687−2967 FAX03−5687−1832
Eメール fukuhoto@tky3.3web.ne.jp
URL http://www3.tky.3web.ne.jp/~fukuhoto/

 福祉保育労東京地本は、都内の保育所や福祉施設で働くなかまでつくる労働組合として構成され、約100の分会があります。昨年東京地評・東京労連に正式加盟をしました。
前身である福祉保育労東京支部・東京都保育所労組から数えて約半世紀にわたり「福祉労働者がいきいきと働きつづけられる賃金・労働条件の確立」と「権利としての社会福祉の拡充」をめざし、活動をつづけています。

 保育所や福祉施設の労働実態は大変厳しく、多くの労働者が数年で職場を離れてしまいます。加えてここ数年、国の社会福祉基礎構造改革や東京都による福祉切捨て施策により、福祉労働者の生活や働き続ける権利を奪う攻撃が激しさを増しています。
しかし厳しい情勢のなかでも、私たちは深い要求討議と正常な労使関係を追求しながら、職場で吹き荒れるリストラの嵐に打ち勝っています。
また、一人でも加入できる個人加盟の労働組合という長所を生かし、組合のなかった職場にも分会をつくりながら、組合員を着実に増やしています。

 東京都や自治体に対しても、独自での要求運動だけでなく、「福祉・保育の水準(質)をこれ以上引き下げてはならない」とする一致点において、経営者や保護者、地域との共同運動を進展させています。
 女性と青年が多いことも私たちの組合の特長です。にぎやかでひときわ目を引くデコレーションなどを作成や集会での寸劇など、「要求実現にむけて明るくはなやかにアピールすること」を得意としています。