小平地区労働組合協議会(小平地区労)

〒187-0053
東京都小平市学園東町2-4-17-2
電話042-341-3763


 小平地区労は、1965年3月、都教組小平地区協のよびかけにより結成され、昨年、40周年を迎えました。現在、組織人員は20組合、約3600人で、小平で唯一の労働組合の地域センターとして活動しています。

 小平地区労は、40年の歴史の中で、日立田中争議、光洋電子木村争議、学校給食民間委託反対闘争などを闘い、その後もオーディオのナカミチの指名解雇、サレジオ学園の不当配転などを闘ってきました。又、地域に根ざした取り組みも、30数団体1万人以上の構成員による小平総行動(市及び事業所への要求行動)をはじめ、イラク派兵反対小平実行委員会 憲法・教育基本法を守る小平連絡会の中心として、働く者と市民の要求実現、雇用とくらし、平和と民主主義、教育と福祉を守るために活動しています。

 4月の小平市長選挙では、小平地区労も支持した新人候補が現職候補を打ち破り、見事当選することができました。全都からの支援・激励ありがとうございました。62年の小平市政発足以来の保守市政を打ち破っての歴史的な勝利です。市民本位の市政の第一歩を切り開くことができました。小平地区労は、今後も市民と共同して頑張っていく決意です。

民放労連関東地連
〒160-0004
住所 東京都新宿区四谷3−11光徳ビル内
電話 03-3355-2285 FAX03-3355-3764
E-mail minpo@po.iijnet.or.jp

 民放労連は1953年7月に結成され、140組合10,400名の組織です。
民放労連関東地連は関東地方と山梨県にある放送局、放送関係の制作・技術プロダクションに働く労働者(個人加盟を含む)で組織しています。組織人数は39組合4,000名です。

 民放は地上デジタル放送(多大な設備投資)を理由に人件費、番組制作費、発注単価の切り下げ、業務のアウトソーシング化を進めてきています。また、報道の自由が脅かされる国民保護法による指定公共機関の指定を受け入れるなど報道機関として許せない対応をしています。

 関東地連はこうした政策に@成果主義賃金、年俸制、裁量労働導入など賃金の不利益変更の闘いA長時間労働、ただ働き根絶の闘いB安全衛生委員会の確立C言論表現の自由、報道の自由確保、ジャーナリズム確立D魅力ある組合つくり、青年・女性の労働組合運動への参加E産業内10%の組織率向上、6つの運動課題かかげ、@賃金・労働条件の向上、A視聴者・聴取者の信頼に応える放送、B平和と民主主義の3つの要求実現闘争を進めています。
 いま、ホットな課題は国民保護法による指定公共機関指定の受け入れに返上の闘いでストライキを構えて運動を進めています。

 関東地連の日常活動は4つの規模別共闘(キイ局・ラジオ局・広域U局・関連・プロダクション)と放送局構内ごとの構内共闘を縦横に会議を開催して進めています。(このグループに対応できない組合は個別に進めています。)
 そして、関東地連の情報は週に一回、メール・FAXニュースで各組合の動向を知らせています。
 05春闘では賃上げ回答をすでに昨年を上回る組合が引き出し、5月の連休を越えて多くの組合が闘いを進めています。(杉本好造)