化学一般労働組合連合 全関東地方本部()


〒108-0073
東京都港区三田3-2-20
電話03-3453-0424
e-mail:
URL:


 化学一般労連全関東地本は、元々合化労連(現JEC連合)でしたが、総評解体、労働運動全体が大きく右舵を切った最中の1987年10月2日、まともな労働組合として化学一般全関東地本を結成しました。全関東の「全」を付けたのは、当時の合化労連に同じ名称があったから「全」をつけた訳です。

 一口に化学といっても、組織している業種は多岐にわたり、油脂、界面活性剤、合成樹脂、染料・顔料、塗料、肥料、薬業、添加剤、紙パルプ、製ビン、IT関連、一般化学等です。

 化学一般の持ち味は、安全衛生活動を運動の中心に据えていることです。つまり、いのちと健康なくして労働はないとする考え方からです。化学業界は歴史的には、一旦事故が発生したら、大惨事になることが多く、また長い間有毒ガスを吸いつづけ、健康を破壊するなど、身体破壊の連続でした。二つ目は調査活動で、毎年賃上げ後の賃金実態調査、来年度のきめ細かいアンケート調査と隔年の総合労働条件調査を実施しています。

 最近はリストラ「合理化」で組合員の減少が続き、労働共済運動と平行して、全力を挙げて組織拡大に取り組んでいます。

 尚、ホットな話として、4年9ヵ月続いた静岡フジカラー解雇撤回闘争は、2005年12月8日に中労委で勝利和解しました。皆さん方の物心両面にわたる温かいご支援に心から感謝申し上げます。