◆あなたも積極的に利用しましょう。


 ▼東京地評 ……… 東京労働相談センター
          メールやお電話、来所など
 ▼東京都労政事務所 ……… 地域別の各事務所
          住所や電話はこちらに

 ▼東京労働局・労働基準監督署 ……… 地域別の各事務所
          住所や電話はこちらに

 ▼職業安定所 ……… 地域別の各事務所
          住所や電話はこちらに

 ▼弁護士などの紹介は、東京労働相談センターへ

 ▼各産業別の労働組合は専門的に対応します。
          住所や電話はこちらに

 ▼各地域の頼れる所
          各地域の地域労連や地区労協はこちらに


こんな時………以下、Q・Aを参考に
 突然ヤメロと言われた
 解雇には合理的な理由が必要。会社の都合があるとしても、こちらにも都合がある。と、突っぱねましょう。
 労働条件の一方的変更は無効です
 賃金や労働時間の変更は、双方の合意が絶対必要です。
 一人でも労働組合に入ってて良かった!
 我慢も限界。法律でも守られている労働組合の交渉権を活用しましょう。会社には内緒で、すぐに一人だけでも加入できます。パートでも派遣でも、正社員でなくても加入できます。働くものの全国規模の労働共済制度にも加入OKです。
 契約期限が切れたからクビ
 短期間の契約でもあきらめないで。繰り返し更新したり、働く意欲もあり、仕事が続いていれば、雇用継続が権利です。
 長時間労働サービスはなくせます
 労働基準監督署に「申告」しよう。
 1日8時間、1週40時間以上働かせたり、休日に出勤させたりするときは、会社は労働者の代表か労働組合と時間外労働協定を結び、労働基準監督署に届け出なければならない。 違反したら6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金です。
 全ての賃金、休日時間外手当は、さかのぼって請求できます。
 管轄の労働基準監督署にも、本人以外に家族からでも安心して投書や電話で違反の実態を知らせましょう。会社に対しては通報者の秘密を守ると言明しています。
 勤務記録はつけるようにしましょう。

パートも派遣も6ヶ月以上勤務すると年休の権利が発生。
●週に20時間以上働くと雇用保険に加入できます

 こんな相談も
●いやがらせ、首切り解雇、賃金、労働時間、有給休暇、セクハラなど
●いじめ、過労死、労働災害、職場での悩みなど
●失業、雇用保険、介護、育児休業など、
●労働関係の情報や法律について
●労働組合への加入、結成、運営など