第78回中央メーデーは、5月1日、代々木公園にて4万2000人の参加で開催されました。実行委員会を代表して、全労連の坂内議長は「一人ひとりの力は小さくとも、日本国憲法がある限りこの国の主人公は私たちです。労働者と国民が団結してたたかえば、必ず世の中は変わります」と憲法をまもり、格差と貧困をなくす運動を大きく広げよう、と訴えました。

 3コースのデモ行進では、国民投票法案の緊迫した情勢を反映して、憲法を守ろう!と訴えるものが目立ちました。

写真右→@明治公園コース  憲法守ろうと訴える東京土建葛飾支部のデコレーション


写真右→A大久保コース  都立病院を守ろう!と都庁職病院支部のデモ行進


写真右→B恵比寿コース  運賃値上げ分を乗務員に、と赤い甲冑姿で訴える自交総連太陽自動車労組のデモ行進



三多摩メーデーに5500人
首都圏青年ユニオン(写真)や生協労連パート部会、民放労連の代表が決意表明しました。
上 写真@
上 写真A
上 写真B