北区労働組合連合会(北区労連)
〒114-0021
東京都北区岸町 1-10-5
TEL 03-3906-1821  FAX 03-3908-3362
メール bcd01523@nifty.com

 北区は東京の北部に属し、荒川を挟んで埼玉県との境にあります。会社・工場が神奈川、埼玉、福島県への移転や閉鎖などで区内で働く労働者は減少しています。1951年10月27日、北区労働組合連絡協議会(略称・北区労連)として産声をあげ、翌年の第2回定期大会で現在の北区労働組合連合会に改称しました。労働戦線再編の中で一時期活動が進まないという状況もありましたが、1991年、連合派の24組合が脱退し、活動が再開されました。

 北区労連は未加盟の組合と協力し毎年、年度ごとの北区春闘共闘会議を結成していましたが、現在は東京春闘共闘と同じように、通年で北区春闘共闘の運動を展開しています。北区では、区内の民主団体と協力する課題ごとの「○○北区の会」はいくつもありますが、区民の要求は多様で常にあり、要求実現のための共同の組織が必要と北区労連などの呼びかけで「区民要求実現北区連絡会」が作られ、区内の民主団体・政党との共同が前進しています。

 北区労連に北区から体育文化事業の助成金が出ており、北区教育委員会との共催でハイキング、つり、ボウリングなどの行事を行っています。青年部は平和交流会、映画会、ストレッチ体操、北区散策などの活動をしています。

東京国家公務員・独立行政法人労働組合共闘会議(略称:東京国公)
〒100−0013
東京都千代田区霞が関1−3−1 経産省内
TEL 03−3501−6973 FAX 03−3500−4391

 34組合が結集している東京国公(略称)は、東京の立法・司法・行政の職場に働く職員、独立行政法人(研究機関・病院等)、独立法人(国立大学)で働く職員で構成し、正式名称は、東京国家公務員・独立行政法人労働組合共闘会議といいます。
 東京国公の特徴の第1は、上部団体が連合加盟や全労連に加盟している組合、あるいはどちらにも加盟していない組合などがあり、その運動は、まさに労働組合の基本である「一致する要求に基づく共闘」を追求しているという点にあります。
 第2の特徴は、世界の労働運動を見ても現場には組合が結成されていますが、国の機関の中心である本府省の職場に労働組合が結成されているのは珍しいという点です。従って東京国公の存在とその運動は、まさに世界史的とも言えるものです。
 いま公務員をめぐっては、5年連続しての賃金の切り下げ、公務員制度「改革」問題など様々な改悪攻撃が加えれていますが、以外と知られていないのが長時間・不払い残業が横行していることです。行政需要が増大しているにもかかわらず定員が削減されるもとで民間に行政指導すべき厚生・労働省をはじめ、多くの職場で長時間・不払い残業、過労死、自殺者が増えています。いま働くルールの確立は私たちの職場でも大きな問題であり、東京地評に結集する仲間と共に共同したたたかいを強めていこうと思っています。